捨てられた僕と母猫と奇跡――心に傷を負った二人が新たに見つけた居場所

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

【内容紹介】家族も、健康な心もすべて失ったどん底の僕。そんな人生を変えてくれたのは、一匹の保護猫だった……。うつ病を患った僕は、保護猫施設で母猫テコと出会う。テコは人間の子供にいじめられた上、子猫たちとも引き離され、心に深い傷を負っていた。そんなテコを守っていこうと決意した僕。テコを引き取った僕は、テコと日々少しずつ心通わせていく中で自身の心の調子を徐々に取り戻していく。仕事に復帰し、結婚して子供を授かった僕は、一念発起し起業することに。僕の人生が目まぐるしく好転していった裏側には、いつもテコがいてお互いが心の支えとなっていた。しかし、別れの日はすぐそこまで迫っていたのだった―――。【著者紹介】[著]船ヶ山 哲(ふながやま・てつ)サラリーマンとして働くなかで強いストレスを感じ、うつ病を発症、休職を余儀なくされる。愛猫との出会いをきっかけに人生を挽回させ独立を決意。その後は、起業家として億単位を毎年稼ぐ傍ら、テレビとラジオのパーソナリティーとしても活躍。これまで書籍を15冊上梓し(海外版含む)いずれもランキング1位を獲得。2022年11月には俳優としてもデビューを叶え、映画「森の中のレストラン」で主演を務める。さらに、ドラマや音楽にも活動の幅を広げる。プライベートでは、家族と共にカナダに移り住み、日本と海外を往復する生活を送っている。【目次抜粋】・ある日かかってきた父からの一本の電話・心に傷を負った保護猫がそこにいた・うつ病の僕よりも弱い存在を守ってあげたい・捨てられた僕と捨てられた母猫、家族になる・心を開いてくれて、ありがとう・会社に復帰、そして家には家族がいる・結婚して、妻が僕と猫が住む家にやってきた・カッコいいお父さんになると誓う・一度失敗した人生からの復活劇・お互いがお互いを必要とする特別な存在・部屋を閉めてしまった後悔、死ぬ間際に流れたテコの涙

作品をシェアする

同じ作者の本

プレジデント社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください