安くて便利でおいしい食品の罠 - 知ったら怖くて食べられない! -

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

『じつは怖い外食』(ワニブックス【PLUS】新書)をはじめ、日本の食事情に警鐘を鳴らし続ける著者による、なるべく避けてほしい食品添加物の解説。日本は欧米に比べ規制が緩く、市場には体に有害な食品添加物を使用した食品が溢れている。自分の体や家族の健康を守るために、読者が食品スーパーやコンビニで買い物をする際に役に立つ1冊である。【目次】第1章愛しいわが子に「それ」を食べさせるのですか?第2章これだけは「食べてはいけない!」14の物質(1)亜硝酸ナトリウム(発色剤)(2)着色料(3)保存料(4)加工デンプン(5)リン酸塩(6)乳化剤(7)膨張剤(8)PH調整剤(9)人工甘味料(10)防カビ剤(ポストハーベスト)(11)たん白加水分解物(12)酵母エキス(13)トランス脂肪酸(14)次亜塩素酸ナトリウム第3章日本の食がおかしくなっている!第4章家庭料理を「システム化」しよう、その10の方法【著者プロフィール】南 清貴(みなみ・きよたか)フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事。舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、体と食の関係の重要さに気づき、栄養学を徹底的に学ぶ。1995年、渋谷区代々木上原にオーガニックレストランの草分け「キヨズキッチン」を開業。2005年より「ナチュラルエイジング」というキーワードを打ち立て、全国のレストラン、カフェ、デリカテッセンなどの業態開発、企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどのフードメニュー開発、講演活動などに力を注ぐ。最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、業界やマスコミからも注目を浴びる。親しみある人柄に、著名人やモデル、医師、経営者などのファンも多い。著書に、『じつは怖い外食』(小社刊)など。発行:ワニ・プラス発売:ワニブックス

作品をシェアする

同じ作者の本

ワニブックスのおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください