仮説実験授業研究 第3期 3

仮説実験授業研究 第3期 3

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。第3集の中心は,授業書《程度のもんだい》とその解説および授業記録です。副題に「磁石と電気の問題」とあるように,自然科学的な問題が取り上げられていますが,この授業書は道徳や社会科や生活指導などでの「程度のもんだい」と無縁ではありません。ですから,自然科学の教育関係者以外の人びとにも読んでいただけると嬉しいと思っています。 その他,松野修さんの「〈社会の科学〉教育の可能性」という論文と,18世紀イギリスの科学啓蒙家「ファーガソン自伝」があります。こちらのほうを先に読んでいただくのもいいと思います。〔もくじ〕・ 科学の巡回講師となった人の物語 世界の科学教育を開いた人びと・1 J・ファーガソン(1710~76)の自伝・すべての物は磁石に感じるのか? 新実験……小さな力はどの程度測れるのか?・〈社会の科学〉教育の可能性・授業書等使用状況調査 何年でどんな授業書が教えられているか・授業書《程度のもんだい》 本文と解説 授業記録(小学4年) 授業記録(高校1年)

商品情報

シリーズ

全9冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

仮説社のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本