見る・知る・学ぶ ジオパーク・国立公園でぐぐっとわかる日本列島

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

地球の誕生から、琉球列島、北海道の誕生、2020年に地質年代として認められた「チバニアン」、そして、人間活動による環境の変化まで、日本列島が今に至るまでの歴史を手軽に学び直しできる一冊です。豊富な図版や写真を交えたわかりやすい解説ページではプレートの移動、火山が発生する理由、恐竜の繁栄と絶滅など、知っておきたい地学のテーマを掲載。また、実際に訪れることができるジオパーク、国立公園、そのほかジオサイトを掲載し、実際に足を運んだ時に、風景が持つ意味をより一層読み解くことができるようになります。 この一冊で、日本列島の歴史への理解がぐぐっと深まります! 【主な内容】※解説するテーマとジオパーク・国立公園・ジオサイトの一例 第1章・地球科学とは ・太陽系と地球 ・地層の役割と地質年代・・・チバニアン 第2章・日本列島の成り立ち ・ローディニア大陸の分裂と原日本の誕生・・・立山黒部ジオパーク、糸魚川ジオパーク ・中央構造線の出現・・・下仁田ジオパーク、南アルプスジオパーク ・小笠原諸島の誕生・・・小笠原国立公園 ・琉球列島の出現・・・やんばる国立公園、西表石垣国立公園 ・北海道の形成・・・知床国立公園、釧路湿原国立公園 ・列島の回転とフォッサマグナ・・・糸魚川ジオパーク、秩父ジオパーク ・伊豆・小笠原弧の本州衝突・・・富士箱根伊豆国立公園、伊豆半島ユネスコジオパーク ・活発化し始めた火山活動・・・南紀熊野ジオパーク、隠岐ジオパーク 第3章・地表の変化 ・隆起と沈降でできた地形・・・三陸ジオパーク、伊勢志摩国立公園 ・風化と侵食でできた地形・・・銚子ジオパーク、下北ジオパーク ・氷河でできた地形・・・日高山脈襟裳国定公園、中央アルプス国定公園 ・縄文海進とその後・・・筑波山地域ジオパーク、瀬戸内海国立公園 第4章・日本列島の生命の痕跡をたどる ・カンブリア大爆発とその後・・・岐阜県中部山岳国立公園 ・古生代のサンゴと多様な海の生き物・・・北九州国定公園 ・史上最大の生物大量絶滅事件・・・三陸ジオパーク ・中生代の恐竜たち・・・恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク ・哺乳類繁栄と新生代の動植物・・・とかち鹿追ジオパーク、おおいた姫島ジオパーク 第5章・人新世の日本 ・人間活動と資源(鉱物/エネルギー)・・・佐渡ジオパーク、三笠ジオパーク ・人間環境による自然環境の変化・・・大雪山国立公園、足摺宇和海国立公園 ※この電子書籍は2024年6月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

作品をシェアする

同じ作者の本

JTBパブリッシング(雑誌)のおすすめ本

趣味・スポーツ雑誌のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください