角川インターネット講座6 ユーザーがつくる知のかたち 集合知の深化

角川インターネット講座6 ユーザーがつくる知のかたち 集合知の深化

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人々の知恵がネットワーク化され、「集合知」として可視化されつつある現代。新たな知の試みは、硬直化した専門知の閉塞を打ち破ることができるのか。科学、哲学、社会、文化など、多様な視点からその可能性を問う。■執筆者《第一部 ネット集合知に何ができるのか》序章 知能増幅としてのネット集合知 西垣 通(東京経済大学コミュニケーション学部教授。東京大学名誉教授)第1章 集合知とは何か 武田英明(国立情報学研究所教授、工学博士)第2章 ユーザー参加型芸術の歴史と集合知研究 江渡浩一郎(独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員、ニコニコ学会β実行委員長)第3章 心とネット 結界を破るもの 浅野 誠(桜並木心療医院院長)第4章 想像界とネット界 河本英夫(東洋大学文学部哲学科教授)《第二部 変容する人間と社会》第5章 インターネットに「ユーザー」はいるか? 西川アサキ(東京大学情報学環助教、早稲田大学非常勤講師)第6章 情報の哲学としてのサイバネティクス ドミニク・チェン(NPOコモンスフィア理事、株式会社ディヴィデュアル共同創業者)第7章 SNSは人を変えるか? 平野啓一郎(作家、『日蝕』により第120回芥川賞を受賞)第8章 ネット社会における正義 西垣 通 大澤真幸(思想月刊誌「THINKING『O』」主宰、社会学博士) 鷲田清一(大谷大学教授、せんだいメディアテーク館長)※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート