政次、奔る 鎌倉河岸捕物控<二の巻>

政次、奔る 鎌倉河岸捕物控<二の巻>

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

江戸日本橋にある呉服屋「松坂屋」の隠居・松六は、手代の政次をともなって年始の挨拶まわりに出た。用を済ませた松六は、政次を連れてひっそりとした小さな佇まいの寺を訪れ、さらに無住の屋敷へ向かった。すると夕暮れの廃屋に潜んでいた剣客に松六が襲われ、昏倒してしまう。 「あの日から十四年か……」。 襲われる直前政次が聞いた松六の言葉に、かつて幕閣を揺るがせた事件の影を見た金座裏の宗五郎親分は、現在と過去を結ぶ謎の解明に乗り出した。一方、負傷した松六への責任を感じた政次も、ひとり行動を開始するのだが——。 江戸開闢以来の町・鎌倉河岸を舞台に、若者四人と、よき理解者である金座裏の御用聞き・宗五郎親分が難事件を解決する、“青春捕物グラフィティ”。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート