人類は宇宙のどこまで旅できるのか―これからの「遠い恒星への旅」の科学とテクノロジー

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

未来の「星間旅行」はどのようなものとなるのか?光子ロケットや静電セイル、反物質駆動、ワープ航法など、NASAテクノロジストの物理学者が本気で考えた宇宙トラベルガイド。想像以上に困難だが、想像すれば実現できる。宇宙のスケールの大きさや、人類の叡智に圧倒させられる、ワクワク感あふれる全人類待望の書。「素敵な星間旅行へと誘い、物理学やエンジニアリングについて多くのことを教えてくれる」――マーティン・リース(宇宙物理学者、『私たちが、地球に住めなくなる前に』著者)「星空が以前とはまったく違ったものに見えるだろう」――ミチオ・カク(理論物理学者、『神の方程式』著者)

作品をシェアする

同じ作者の本

東洋経済新報社のおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください