サイゼリヤ元社長が教える 年間客数2億人の経営術

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

「おまえ、4月から社長な」カリスマ創業者から2代目社長に指名された生産技術者、堀埜一成。外食控え、人手不足、原価高……外食産業に逆風が吹く中、13年にわたってサイゼリヤの社長を務めた著者は、いかにして危機を乗り越え、同社の急速拡大を実現したのか?★Amazon売れ筋ランキング1位!本>ビジネス・経済>産業研究>外食産業(2024/6/5調べ)・広告費は原価に回せ・ライバルは見ない。見るのはお客さまだけ・「当たり前品質」を当たり前に提供する・キッチンスペースを半分にして利益率改善・二流の立地で安く始める中国出店戦略etc...野菜づくりから組織づくりまで!?異色の「外様」社長が実践した“理系発想の合理的経営術”、教えます。個人消費の低迷、人手不足、原価高騰など苦境にあえぐ外食産業において、年間客数2億人、国内外の店舗数は1500を超えるなど、異色の成長を遂げているイタリアンレストランチェーンがサイゼリヤだ。なぜサイゼリヤが強いのか。なぜ圧倒的な安さとおいしさを実現できるのか。カリスマ創業者から指名され、2代目社長として同社の急速拡大に貢献し、コロナ禍にも揺るがない組織基盤をつくりあげた著者が、サイゼリヤを経営していた13年間を総括し、その成功の舞台裏を余すことなく語り下ろす。農業、商品開発、店舗オペレーション、人材育成、組織変革、海外進出、リスクマネジメント……これまでメディアで語られてこなかったサイゼリヤの真実が、いま明らかに。 株式会社𠮷野家ホールディングス代表取締役 河村泰貴氏推薦!<目次>プロローグ サイゼリヤはなぜ定期的に「炎上」するのか第1章 「ないない尽くし」からのスタート ――創業時から受け継がれたサイゼリヤのDNA第2章 入社してはじめてわかったサイゼリヤの真実 ――農業、工場、商品企画、店舗オペレーション第3章 プロパーではない「外様」社長として ――それまでの常識を覆す第4章 サイゼリヤ流「負けない戦略」 ――当たり前のことを当たり前に第5章 次の「ミラノ風ドリア」を開発する ――ヒット商品のつくり方第6章 サイゼリヤはなぜ中国で受け入れられたのか ――海外進出の成功法則第7章 何があっても従業員を守る ――東日本大震災とコロナ禍における危機対応エピローグ 社長業の13年を振り返って

作品をシェアする

同じ作者の本

ディスカヴァー・トゥエンティワンのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください