春風同心十手日記〈三〉 悪党の娘

春風同心十手日記〈三〉 悪党の娘

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

弱った心を踏みにじる奴はこの刀が許さねえ!最近、町人を騒がせている盗賊一味――笹山の閻僧。定町廻り同心の夏木慎吾は、ここひと月ばかり奴らを追うのに必死で、奉行所で寝泊まりすることも多い。つい先日押し込まれた漆問屋では、女子供までが皆殺しにされた挙句、金もすべて盗まれたという。しかし、火付盗賊改方からの報せでは、「大店ばかりを狙い、店の者が気付かぬうちに、潰れぬ程度の金を蔵から盗み取る」のが、笹山の閻僧の流儀らしい。なぜ、急に変わったのか? まさか偽物が跋扈しているのか?とはいうものの、「笹山の閻僧の盗みである証に、笹の葉の墨絵を一枚柱に打ち付け、印として残していっている」との報せもあり、混乱した慎吾たち奉行所の探索は難航を極めていた。血も涙もない押し込みに江戸市中が震えるある日、慎吾が持ち場の高級料亭・松元で働くおもよの前に、行商の元締めをしている平次が姿を現した。「松元の金蔵のありかを、絵図にしてほしいそうだぜ」平次が言うには、おもよの父親・金五郎の手伝いらしい。思いも寄らない真実を耳にしたおもよは――。手に汗握る、人気絶頂の捕物活劇シリーズ第三弾!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート