春風同心十手日記〈四〉 月光の剣

春風同心十手日記〈四〉 月光の剣

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

この闇夜の中、必殺剣を振るうのは誰だ!?海産物を扱う磯屋の主・周三郎が殺された。早速探索をはじめた定町廻り同心の夏木慎吾。どうやら周三郎は深川に持っている蛸壺長屋の売買で揉めていたらしい。新吉原の福満屋右兵衛が長屋を取り壊して、船宿を建てようと目論んでいるという。しかも、日高一家の虎吾郎が長屋の住人に嫌がらせをしているようだが……。探索に奔走する慎吾に闇討ちの剣が迫る!目が離せない、シリーズ最高潮の捕物活劇第四弾!【登場人物】夏木慎吾:江戸北町奉行所定町廻り同心。天真一刀流免許皆伝。父は榊原主計頭だが、正室の子ではないため、母の実家夏木家で育ち、祖父の跡を継いで同心になった。榊原主計頭忠之:江戸北町奉行。慎吾の存在が妻の久代にばれることを恐れる。真実を知る娘の静香に弱い。五六蔵:深川永代寺門前仲町の岡っ引き。慎吾の祖父に恩がある。若い頃の生業は謎。田所兵吾之介:江戸北町奉行所筆頭同心。慎吾と忠之が父子であることを知る。国元華山:霊岸島川口町に診療所を構える、二代目町医者の女性。白井亨:天真一刀流二代目。慎吾の兄弟子。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート