ジョブ型と課長の仕事

ジョブ型と課長の仕事

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

ジョブ型人事制度のもとでの課長の役割と仕事とは何か、これまでとは何が違うのか、何を為すべきかについて、人材育成の専門家が体系的に整理したことで本書は次のような行動を喚起します。・経営からの待ちの姿勢ではなく、顧客起点から機会と脅威を探り、最適なビジネスを自律的に展開する。・問題の発見と解決のための自発的な目標管理プロセスを運営する。・プロジェクトをリードしていく。・メンバーとの協同力が高まる。・人の育成と同等に、自分のキャリアを開発する。【目次】第1章 これから課長がやるべき3つのこと1 ジョブの意味を正しく理解する2 ジョブの価値を向上させる3 ジョブを実践する原則を知る第2章 5つのマインドセットを変える1 マインドセットの変革1 「競争に勝つ」から脱却する2 マインドセットの変革2 戦略的思考の定義を変える3 マインドセットの変革3 管理者から支援者に変わる4 マインドセットの変革4 部下ではなくパートナーとして接する5 マインドセットの変革5 中間管理職から中核管理職に変わる第3章 チームの目標管理1 自律的な仕事環境をつくる2 作業の棚卸しをする3 目標達成に必要なスキルを確認する4 ジョブディスクリプションを運用する5 チームの目標管理を行う第4章 チーム運営に必要なスキル1 リーダーシップ2 共感を生むコミュニケーション力3 問題解決のための思考力第5章 課長のマネジメント課題1 コンプライアンス問題への対応2 リスクマネジメントへの対応3 ダイバーシティへの対応4 SDGsへの対応5 組織づくりへの対応6 顧客起点の行動第6章 課長の自己成長1 内省の習慣2 継続的な学習習慣3 定期的なフィードバックの習慣4 プロジェクトをつくる習慣5 教養を身につける習慣6 キャリアビジョンを考える習慣

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日本能率協会マネジメントセンターのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本