103歳の食卓――母とつくり上げた卓上クッキング

103歳の食卓――母とつくり上げた卓上クッキング

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【内容紹介】料理は、座ったままでいいんです!「立って料理をするのが大変になったら、食卓に座って料理を作りつづけましょう」という暮らし方と、実用「卓上クッキング」のレシピをお届けします。100歳を超えても、一人用ホットプレートなどを活用して食卓で料理を作りつづけ、103歳の天寿を全うした、料理研究家で栄養士の荻野恭子さんの母・阿部ハルさん。母と娘が一緒に作り上げた「卓上クッキング」のコツと、荻野恭子さんによる、すぐに使える厳選レシピ42点を紹介します。食卓という限られたスペースでいかに簡単に美味しい料理を作るか。健康長寿に結びつく料理を作るか。調理道具はもちろん、食材も調味料も必要最小限にする極意が満載です。いくつになっても自分で作る、食べる、そして暮らす。阿部ハルさんの日常には、料理のほかにも、肌や髪のお手入れ、書道、体操など、生活を笑顔で楽しむ知恵にあふれています。暮らし方の工夫ひとつで、人生はいくらでも豊かになります。【著者紹介】[著]荻野 恭子(おぎの・きょうこ)料理研究家、栄養士、サロン・ド・キュイジーヌ主宰。ユーラシアをはじめ65カ国以上を訪れ、ホームステイや店に通うことで土地の料理を学ぶ。それらを日本でも手に入る材料で手軽に作りやすく再現し、「dancyu」などの多くの雑誌や本で紹介している。塩ラバーであるが故、塩使いの達人でもある。著書に『塩ひとつまみ それだけでおいしく』(女子栄養大学出版部)、『ビーツ、私のふだん料理』(扶桑社)、『ポリ袋で簡単! もみもみ発酵レシピ』(池田書店)、『おうちでできる世界のおそうざい』(河出書房新社)などがある。【目次抜粋】プロローグ 母、阿部ハルから教わったこと 座ったままでいいんです!第1章 103歳は料理の積み重ね●小さなまな板にペティナイフ、そして一人用ホットプレート 調味料はコンパクトにまとめて食卓にセット これで卓上クッキングの準備完了!●母の好物は、ステーキと赤ワイン●胡麻、海苔、豆、ナッツ……いつも身近に置いて食べていた「まごわやさしい」が長寿の原点●野菜も大好き 野菜から食べるベジファースト●シャキシャキ、カリカリ しっかりと嚙む食べ物が好き●「モミモミ」で握力をつけよう!●袋を使った「モミモミ調理」で副菜つくりおき これが母の得意技第2章 日常を楽しみ人を愛する心言行●朝は自転車漕ぎから始まり、毎日の生活を楽しむ●パタカラ パタカラ●母は大の話し好き●体操教室と書道教室 曜日を決めて外出することも楽しんだ●身だしなみを整えるのが朝の日課 月に一度の紙と肌のお手入れも楽しみの一つ●「ボケたくなければ料理をつくる」母は見事に100歳までやり遂げたエピローグ 老いにはウォーミングアップが必要 これが最後に母から教わったこと

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

プレジデント社のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本