涙雨の季節に蒐集家は、 夏に遺した手紙

涙雨の季節に蒐集家は、 夏に遺した手紙

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

大学を休学中の青音(あおと)は、第二の故郷旭川で自分の居場所を見つけた。バイト先は、人生の最後をコーディネートする葬儀社、ミュゲ社だ。ある日、同僚の勇気と朱鞠内湖湖畔でキャンプをしていた青音は、放置車両に遺体を見つける。遺体は失踪した悪役プロレスラーだった。車には指輪が遺されていたが、彼の妻の指には合わず……。ほか、遺された愛犬、学者の父の秘密の遺産など、想いに泣けて謎に震える、遺品整理ライトミステリ!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

ミステリー・サスペンスのおすすめ本

カート