「安静」が危ない!1日で2歳も老化する!

「安静」が危ない!1日で2歳も老化する!

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

30歳を過ぎたら、1日の安静で急激に弱くなる!日本のリハビリテーション医学の第一人者である著者は「安静の危機」を提唱する。人は30歳以降、1年1%ほど筋力が低下し、1日安静にしていると1~2歳老化する。さらに「運動不足は世界的伝染病である」と英国の権威ある臨床医学誌「ランセット」が指摘するように、運動不足病はがん、糖尿病、うつ病、認知症など、さまざまな病気を誘因している(運動不足とは、1日30分以上の運動を週に5日以上、または1日20分以上の激しい運動を週に3日以上していない状態)。そうした現状を打破するために、医学的見地から、誰でもどこでもいつでもできる「らくらく運動療法」を説く。本書はその集大成。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

さくら舎のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本

カート