桜の森の満開の下

桜の森の満開の下

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

戦前から戦後にかけて活躍した坂口安吾は、近現代日本文学を代表する無頼派作家として純文学や歴史小説、推理小説、随筆、評論など、さまざまな作品を生み出しました。本作は、そんな坂口安吾の代表的な短編小説です。大昔、桜の木の下は現代のように愉快な場所ではなく、人の心を狂わす恐ろしい場所とされていました。荒々しい山賊もまた桜を恐れるあまり、満開の桜の下を通る旅人を襲い、着物を奪ったり女をさらったりして暮らしていました。しかし、都からやって来た美しい女をさらい、無理矢理妻にしてからというものの、山賊の暮らしは一変、山賊は女の言うがままとなり、哀しい結末へと導かれていったのです。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート