『論語』は不安の処方箋

『論語』は不安の処方箋

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

『論語』はいつ読んでも気持ちがいい! 中国古典にも明るい、異才・多能な能楽師が、 孔子時代の古代文字から「心」をテーマに『論語』を読みなおします。 すでに2500年以上も前に生きた孔子らの言行録『論語』。 孔子の時代の文字を見ていくと、この時代は「心」という概念ができて間もなくの時代であることに気づきます。そこから、本書では「心」の誕生と「命」に挑む人間の姿を考えてゆきます。 「100分de名著」などでも活躍している安田登さんの「論語本」の源流となる一冊。 待望の再文庫化です。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

祥伝社のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本