最新科学が教える バスケットボールのオフェンスメソッド

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。バスケットボールを科学的にアプローチするとともに、練習方法も提案!ポイントとなる動きが動画で見られる!研究論文+実践ドリルでバスケスキルが一気にレベルアップ!近年、バスケットボールでは多くの戦術が生まれ、同時にそれらを解明した論文が発表されています。しかし、研究者達がいかに現場に有益な研究成果を発表しようとも、指導現場で活かされなければ、プレーヤーのパフォーマンスを向上させることはできません。本書ではバスケットボールに関する研究成果をコーチやプレーヤーにも理解できるように解説するとともに、研究成果をもとにした練習方法も提案していきます。さらに、本書に掲載されているトレーニングのポイントは、QRコードから動画で見ることができます。【本書の内容】●PART1:個人のオフェンスメソッド1on1のドライブで得点を獲得するフローターショットでビッグマンをかわす効率よくショット成功率を高めるターンオーバーを減らして勝つ次に求められるジャンプによって着地を変える●PART2:チームのオフェンスメソッドノーマークであれば積極的に3ポイントショットを放つゴール付近にボールを侵入させてショット成功につなげるプレー中の視線をコントロールする日本代表に求められるパス能力の進捗●PART3:スクリーンプレーのメソッドハンドラーとしてピック&ロールを極める一瞬のチャンスを見逃さずにパスを通す●PART4:フィジカルと判断力のメソッド判断力を向上させてパスミスを減少させるバスケットボールのリズム感を磨くカオスな状況から素早く動き出す怪我のリスクを下げてパフォーマンスアップ◎監修:桶谷 大1977年京都府出身。琉球ゴールデンキングスヘッドコーチ。京都府立朱雀高等学校卒業後にコーチング留学のため渡米。2008年、琉球ゴールデンキングスのヘッドコーチに就任。2008-09、2011-12シーズンとbjリーグで2度の優勝を果たす。2021 年に再び琉球ゴールデンキングスのヘッドコーチに就任し、2022-23シーズンには琉球をB.LEAGUE初優勝に導いた。◎著者:小谷 究1980年石川県出身。流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科准教授、日本バスケットボール学会理事、日本バスケットボール殿堂『Japan Basketball Hall of Fame』事務局。2003年、日本体育大学体育学部体育学科卒業。日本体育大学大学院博士後期課程を経て博士(体育科学)。専門はバスケットボールの戦術研究。大学ではコーチング学の授業を担当している。

作品をシェアする

同じ作者の本

日東書院本社のおすすめ本

スポーツ・アウトドアのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください