たんぱく質ダイエット - お腹いっぱい食べても太らない医師が発案した -

たんぱく質ダイエット - お腹いっぱい食べても太らない医師が発案した -

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

45年間ず~~~~~~~~~~~~っと体重63㎏。食事制限なし→お米もOK、激しいトレーニングの必要なし→散歩でOK、家計の圧迫なし→買い物はコンビニでOK、心身の負担なし→気楽にOK! 地味なたんぱく質のすごい力を、好きなだけ食べても太らない医師が完全解説。キーワードはたったの3つだけ。①合言葉は「高たんぱく」②たんぱく質は、カロリーが低め③食べるだけで脂肪が燃焼される。ダイエットの成功はもちろん、自律神経や腸内環境も整い、免疫力も向上。美肌、長寿まで手に入ります!「16歳の頃から体重が変わらないという話をすると、“よほどストイックな生活をしているのでしょう?”と言われます。しかし、特別なことは何もしていません。食事は肉や魚を中心に好きなものを食べていますし、ジムに通ったことは、一度もありません。基礎代謝は年齢とともに衰えていくものなのに、なぜ自分は体重が増えないのか?そこで気づいたのが、たんぱく質中心の食生活を送っているということ。“たんぱく質って、太るんじゃないの?”と思った人。とんでもありません。『高たんぱく、低カロリー』な食生活は、やせ体質に近づく一番の近道です。」(著者より)【著者プロフィール】小林弘幸 (こばやし・ひろゆき)順天堂大学医学部教授/日本スポーツ協会公認スポーツドクター1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科、順天堂大学小児外科講師・助教授など経て、現在に至る。腸内環境を整える“腸のスペシャリスト”として、食材やライフスタイルの考案など、健康な心と体の作り方を提案し続けている。また、自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。『結局、自律神経がすべて解決してくれる』『医者が考案した「長生きみそ汁」』(ともにアスコム)、『整える習慣』(日本経済新聞出版)などの著書のほか、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)や「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBSテレビ)などメディア出演も多数。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート