放射線技術学スキルUPシリーズ  診断X線領域における吸収線量の標準測定法

放射線技術学スキルUPシリーズ 診断X線領域における吸収線量の標準測定法

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。診療放射線技師に必携の書 「放射線技術学スキルUPシリーズ」の5冊目になります。 2015年に医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)から防護の最適化のための診断参考レベル(DRL)が設定され、医療被ばくに注目が集まっています。そこで我が国における診断領域における標準測定法を本書にまとめました。 医療被ばくの測定法としては一般撮影領域、乳房撮影領域、X線CT撮影領域、インターベンショナルラジオロジー(IVR)と多岐にわたっているので、本書では、特にX線診断画像機器の進歩が進む中、常に新しい撮影条件を検討していくための「ものさし」として不変的な測定方法を示しました。 各分野において実践的、かつ実用的な測定方法を中心にまとめ、実際に計測するためのノウハウを詰め込んだ内容となっています。さらに統計学的なデータの解析方法やデータシートまで掲載した、今までにない一冊です!第1章 測定に必要な基礎知識第2章 一般撮影領域の線量測定第3章 乳房撮影領域の線量測定第4章 CT撮影領域の線量測定第5章 IVR撮影領域の線量測定第6章 校正第7章 不確かさ

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

オーム社のおすすめ本

資格・検定・就職のおすすめ本