放射線技術学スキルUPシリーズ  標準 X線CT画像計測 (改訂2版)

放射線技術学スキルUPシリーズ 標準 X線CT画像計測 (改訂2版)

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。CT画像に関する標準的な計測方法をまとめた定番書の改訂2版! CT検査はすでに特殊検査の枠を越えて、いつでも、どこでも検査が行われています。診療放射線技師は、同じ結果が提供できるように、標準的なCT検査技術学を習得すると共に、得られる画像を適正に評価する能力が必要です。 CT画像に関する標準的な計測方法を初めてまとめた初版発行から10年近くが経過しているので、すべての内容を全面的に見直し、現在の標準的な画像計測方法の原理から演習までを、図を多数用いてわかりやすくまとめ直しました。 また、計測結果をまとめるためのマクロをホームページより配布しています。CT画像計測ソフトウェア「CTmeasure basic」のインストール序章 CTにおける画質と線量計測の変遷 1.画質測定の変遷 2.線量測定の変遷第1章 スライス面内の画質計測 1・1 空間分解能 1・2 ノイズ特性 1・3 CNRの測定 1・4 SNR測定第2章 体軸方向の特性 2・1 スライス厚 2・2 SSPの臨床応用第3章 時間領域の評価 3・1 CTにおける時間分解能の定義第4章 CTの線量計測 4・1 CT装置における線量計測 4・2 CT検査における線量計測

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

オーム社のおすすめ本

資格・検定・就職のおすすめ本