【電子特典付】国道沿いで、だいじょうぶ100回

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

なんだか「だいじょうぶ」な気持ちになる本近くにいる人を見つめて抱きしめる日々こそが、世界を慈しむことだって確信した。奈美さんはそういうための力を持ちすぎている。――河合優実さん大丈夫な家族と大丈夫じゃない日々を、笑いと涙と他者への想像力とともに軽やかな筆致でつづる自伝エッセイ。令和のホームドラマとして話題の連続ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(NHK地上波放送・2024年7月9日スタート予定)の原作者で気鋭の著者・岸田奈美による人気エッセイシリーズ第3弾です!今回は、弟・良太さんがカレンダー職人になってお金を稼いだり、岸田奈美さんが空港で札束の詰まったリュックを見つけたり、人生最悪の病院で注射を打たれたり…岸田家に降り注ぐハプニングの数々から目が離せません。SNSでも話題になったエッセイ「国道沿いで、だいじょうぶ100回」、「魂をこめた料理と、命をけずる料理はちがう」など厳選エッセイ18本を再録。【編集担当からのおすすめ情報】本書は、岸田奈美さんエッセイシリーズの3作目になります。1作目の『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』は、NHKで連続ドラマ化され、かつ採録された「ミャンマーで、オカンがぬすまれた」は、難関国立大学の入試問題として出題されました。2作目の『傘のさし方がわからない』は、朝日新聞「天声人語」で紹介(2024年3月7日)されるなど、数々の話題をつくった伝説のシリーズです。前作から2年半ぶりとなる3作目の本書は、この2年半にnoteに書かれた膨大な数のエッセイの中から、岸田奈美さんとともに選んだ傑作ぞろいです。書籍用に、岸田さんがさらに手を入れてブラッシュアップされています。ぜひみなさんもご一読ください。【電子書籍特典付】電子書籍特典として、2023年6月にnoteで発表されたオリジナルエッセイ『銀行で野望を語る』を収録。

作品をシェアする

同じ作者の本

コルクのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください