おあとがよろしいようで

おあとがよろしいようで

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人は皆、出会ったものでできている。金も夢も友もない上京したての大学生・暖平。ひょんなことから落語研究会に入ることになり、“背負亭(しょいてい)こたつ”として高座に立つ羽目に!?累計100万部突破の名手がおくる、新しい自分に出会える人生応援小説。あらすじ大学進学を機に群馬から上京したばかりの門田暖平は一人、新品のこたつを亀の甲羅のように背負い佇んでいた。配送料が払えず自力で下宿に持ち帰ろうと思ったが、帰宅ラッシュで電車に乗り込むことができない……。途方にくれる暖平の前に、一台のワゴンが停まる。乗っていたのは、入学式当日、構内で落語を演っていた落語研究会の部長・忽那碧だった。落研に誘われるが、金もなく、コミュニケーションにも自信がなく、四年間バイト生活をして過ごすつもりだと語る暖平。「必要なのは扇子一本。あとは座布団さえあればどこでもできる」という碧の言葉に背中を押され、暖平の人生が大きく動き出すーー。・「面白さ」「上手さ」は一つじゃない・明日が来るのが楽しみになるくらい準備する・徹底的に同じ型を踏襲し、初めて個性は爆発する・追い詰められてはじめて、人は真価を発揮する・どんな時も楽しむ。自分がやりたいことをやる

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎のおすすめ本

小説一般のおすすめ本

カート