[書画]教育十七条の憲法~「ただ生きる」から「善く生きる」へ~

[書画]教育十七条の憲法~「ただ生きる」から「善く生きる」へ~

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

あなたが本当の幸せを手に入れるために大切なこと日本人の本来の精神的支柱、心柱(しんばしら)とはなにか。心の深みを書画によって追求し続ける小林芙蓉氏と、日本人が幸せに生きていくための教育(啓育)に使命感を抱く元自民党政調会長、文部科学大臣、教育再生担当大臣などを歴任した下村博文氏が、ほんとうに大切な17の日本人の心の在りようについて共著として出版。日本を取り巻く外部環境は、日々その不確実性を増しています。数十年、数百年に一度といわれる異常気象や災害の発生、地政学的な混乱、世界的な気候変動の影響・・・。さまざまな国難があるなかで、日本が目指すべきものは、軍事大国、経済大国ではなく、精神大国であり文化大国であると私は考えています。これまでの日本の二七00年の歴史のなかで、私たち日本人の精神に根づいた心の強さ、言い換えれば「心柱」があったと思っています。その心柱は、かつ手教育という言葉すらないころから、お天道様を己の内なる神様・良心としてとらえてきた代々の私たちの心に、連綿と、当たり前のように伝わってきた日本の文化であり魂です。日本の長い歴史のなかで最も「心柱」を磨き上げ、現代に伝えて表現しているものは、日本の芸術であり、文化です。しかし私は、その心柱が、現在は失われつつあるとも感じています。これは誰が悪いというわけではなく、日本に生きる私たち全員の責任です。精神的な依存、あるいは自立心の欠如、従属的な心が萬延すれば、国難に立ち向かえないかもしれない。困難に屈して、立ち直れないかもしれない。そのことを大いなる存在が憂い、怒り、しっかりしろと喝を入れ、頑張れと励ましてくれているように感じます。人にはそれぞれ「天命」があります。私たちは、この厳しい時代の中で、本来持っている天命・使命を一00%果たせているのでしょうか。(はじめから)■目次・はじめに 下村博文●六つの生きる指針・第一条 主体的に生きる・第二条 目標とともに生きる・第三条 協力して生きる・第四条 多様な人々と生きる・第五条 感謝して生きる・第六条 誇りにして生きる●九つの徳目・第七条 真我をひらく「真・善・美」・第八条 「仁・義・礼・智・信」を尊ぶ・第九条 「誠」に生きる・第十条 「志」をもつ・第十一条 「愛」を拡げる・第十二条 「和」を高める・第十三条 「孝」の心を持つ ・第十四条 「勇」をもって行動する・第十五条 「祈り」●総括 ・第十六条 本当の教育とは何か――啓育・第十七条●対談・今ここで生きるあなたが幸せになるために 小林芙蓉×下村博文・おわりに 小林芙蓉■著者 下村博文■書道家 小林芙蓉

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

あさ出版のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本