死は予知できるか──一九六〇年代のサイキック研究

死は予知できるか──一九六〇年代のサイキック研究

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

〈 予知などあり得ない。だがそれはいつも現実となる。〉イギリスのある一人の精神科医は人間の予知能力についての確信を深め、データとコンピュータを用いた警告システムの開発を夢想した──。科学と理性で不可思議な「偶然」に挑んだ、「予知調査局」をめぐるノンフィクション。---------ふと母親のことを考えた一秒後にその母から電話がかかってきたりする。  ある出来事が起こる前にそれを見たり、感じたりすることは人間にはできないはずだが、それにもかかわらずそれはよくそのへんにあるようだ。  恋人や友人の死や、偶然の出会いは我々の心に前もって示される。 * * *イギリスの精神科医ジョン・バーカーは災害や事故を知らせる予知夢やビジョンに興味を抱き、それらを予防に役立てる「予知調査局」を設立する。やがて国内外の事件を驚異的に的中させる二人の「知覚者」が現れるが、かれらはバーカー自身の死を予知する——。---------〈夢やビジョンを読み解けば、最悪の未来を変えられる〉人間の精神に宿る未知の働きに迫ろうとした壮大な実験とその衝撃の顛末とは──。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

亜紀書房のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本