心理学に学ぶ鏡の傾聴

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

なぜ「傾聴」は難しいの?聴くことに自信がない人のためのリスキリング本!聴く力はかけ算で決まる!他者への傾聴×自分への傾聴ロジャーズ傾聴の第一人者明治大学教授 諸富祥彦氏推薦!【こんな傾聴迷子の方々必読!】・実習経験が少なく聴くことに自信がない「カウンセラー」・知っているけれど出来るところまでスキルがない「職場リーダー」・そもそも傾聴された経験がなく形だけの聴き方になってしまう「管理職」・マニュアル通りの応答しかできない「キャリアコンサルタント」・忙しくて効率重視の聴き方になりがちな「看護・介護職」・単発練習だけで自己流の聴き方になっている「ボランティア」・なぜお客さまが怒り出すのかわからず悩んでいる「電話オペレーター」【本書のポイント】・自分の声を聴いて他者への傾聴力を強化する「セルフ傾聴」が学べる・理論→心理学をベースにした5つの鏡にもとづく傾聴・実践→聴く力が劇的に上がる!5つのワーク・相手の体験を追体験して、体感として相手の気持ちを理解する・相手のしっくり感を確認しながら、深く聴く【いい傾聴でクライアントや部下に起こる変化】・本音を言ってくれるようになる・信頼関係や繋がりを感じてもらえる・指示通りに動いてくれるようになる・心を開いてくれるようになる【こんなことが出来るようになる!】・スキルに頼らず楽に聴けるようになる・自分の話をしたい欲求が消える・ストレスなく話に集中して聴けるようになる・長話がイヤでなくなる・焦らず待てるようになる・ネガティブな話も自信をもって聴けるようになる【こんな場面で使える】カウンセリング、1on1ミーティング、キャリアコンサルタント資格試験、顧客営業、コールセンター、ボランティア、医療、介護、福祉、学校等々【本書の構成】【第1章】傾聴迷子が増え続けている【第2章】傾聴迷子は、カウンセラーの中にもいる【第3章】傾聴がもつ「5つの鏡」【第4章】傾聴を最新バージョンにアップデートする【第5章】セルフ傾聴で楽に傾聴できる人になる【第6章】セルフ傾聴力を鍛えるワーク※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

作品をシェアする

同じ作者の本

翔泳社のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください