日本の問題は文系にある なぜ日本からイノベーションが消えたのか

日本の問題は文系にある なぜ日本からイノベーションが消えたのか

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

なぜ日本からイノベーションが消えたのかノーベル賞候補者で元日本化学会会長の現役科学者が、日米を比較しながら、日本閉塞の理由を明らかにする。------------------------------------それは空想でしかない------------------------------------文系官僚、有識者、政治家、大学、日本学術会議、サラリーマン経営者…温暖化の真相こそ検証せよ------------------------------------櫻井よしこ氏 大推薦!-----------------------------------------------------------------------日本人はもっと感動すればいいフィーリングとセンスでは日本は世界ナンバーワンだ-----------------------------------------------------------------------イノベーションは感動から生まれると言っていい。集団主義の社会での感動は「持続的イノベーション」を、個人主義の感動は「破壊的イノベーション」を生みやすいと私は考えている。日本はこれまで「持続的イノベーション」を得意としてきたが、今や世界は「破壊的イノベーションか、さもなくば死か」という段階に入っている。このことに日本は危機感が薄いように思う。内向型で感覚型でフィーリング型という創造性に優れた日本的感覚が、様々な理由によって閉じ込められているとしか思えない。本書では、日本人の民族性を大切にしながら、もう一度、日本の未来を明るく語るために必要なことを考えてみたい。【主な目次】第1章 私の破壊的イノベーション第2章 日本人はもっと感動すればいい第3章 問題は文系にある第4章 「学術会議」は要らない第5章 イノベーションは感動である第6章 日本はやはり集団主義がいい第7章 日本型イノベーションのために

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

産経新聞出版のおすすめ本

医学・薬学のおすすめ本