葬式仏教 死者と対話する日本人

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

布施や戒名への違和感の正体葬式仏教とは、葬送が活動の中心となっている日本特有の仏教だ。 なぜ日本人は「教え」に興味がないのに、仏教で葬儀を行うのか。日本人の死者を想う気持ちと、すれ違うお寺の関係をひもとく。お布施・戒名・檀家など制度や金額に釈然としない人たちが急増し、仏教離れが止まらない現代に“葬式仏教の光と影”をあぶりだす!寺院運営の著名コンサルが説く死者をめぐる[信仰]と[現実]供養したいという素朴で純粋な日本人の想いを、思想的な仏教が抑圧。日本の仏教を衰退させている要因は、お寺と檀家との感覚的なズレ。日本人の供養文化のすばらしさを再認識し、問題点に一石を投じた一冊!●人は死んだらどこへ行くのか?●日本人は葬儀に何を求めているのか?●どうしてお墓に手を合わせるのか?●なぜお布施への違和感がなくならないのか? など

作品をシェアする

同じ作者の本

産経新聞出版のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください