GIFTED

GIFTED

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

天才と呼ばれ、喝采を浴び続けた男の光と影10人きょうだいという特別な環境に生まれた。母親の病が発覚し、プロになろうと奮起した。プロになっても度重なるケガに悩まされた。1人になると自然と涙があふれ出ることもあった。それでも、小野伸二は笑顔でボールを蹴っていた。44歳、小野伸二が決断をした。プロサッカー選手からの引退を発表した。小野伸二と言えば、「天才」と表現されることが多い。繊細なボールタッチに、華麗なトラップ、受け手に優しいスルーパス。「楽しむ」ことをテーマに、彼はプロサッカー人生を全うしたが、度重なるケガにも苦しんだ選手生活でもあった。知られざる小野伸二を余すところなく書ききった初の自著となる。小学校低学年のときに、友だちのサッカーの練習についていった。そこでサッカー少年団に入るという決断をするのだが、月謝が2000円だった。小野少年はそこで逡巡した。「親に言ったら、ダメっていうだろうな」。10人兄弟という家庭環境のなかで育った小野は、生活には苦労はなかったが習い事をする余裕はなかった。しかし、「入ってしまえ!」と入団申込書を自筆で書いて持っていった。小野は言う。「僕の拙い字を見た当時の小野コーチという同姓の方が自宅に来てくれて、この子にサッカーをやらせてあげてください。月謝やかかるお金はわたしが負担をします、と言ってくれたんです」幼少のころから、様々な人に支えられて、日本を代表するサッカー選手になった。天賦(GIFTED)の才能が本当にあるのか、それは僕にはわからない。人と違う視野、人と違うキック、人と違うトラップ。それが努力の賜物か、僕だからできたのか?僕自身は持って生まれたものだと思ったことはない。もし、何かを与えられるものがあったとしたら、それはやっぱり「人」なんだと思う。出会いを与えられ、そこにチャンスが生まれ、今の僕がある。そのことだけは決して忘れないでいようと思う。そして、みんなに伝えたい。ありがとう!と。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本