人類にとって「推し」とは何なのか、イケメン俳優オタクの僕が本気出して考えてみた

人類にとって「推し」とは何なのか、イケメン俳優オタクの僕が本気出して考えてみた

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

NHK「あさイチ」(10月5日放送)で、「推しのいる生活」特集が放送された際、史上最多の視聴者コメント数が届いたそうです。今、注目を集めている「推し」。「推し」とは、ファンであることを超えて、誰かにお勧めしたくなってしまうほどに、大好きな人や、もの、キャラクターのこと。一体なぜ、「推し」はそんなに熱狂されるのか?ファン(=オタク)たちは、どうしてそんなに「推せる」のか?この本は、「オタクあるある」から「なぜそうしてしまうのか」の考察まで、その笑いも涙もすべてを書いた、決定版の一冊です。すべての推しがいる人に、そして、ファンの心理について知りたい人にも、ぜひ読んでいただきたいです。***聞いてくれ、推しがいる人生のすばらしさを。・テレビの前で高校球児くらいピュアな涙を流せる・全力で「好き」と思える人やものができる・学校や職業ではなく、「好きなもの」から友達ができる・推しの前では、母でも仕事人でもないただの人間になれる・声に出して名前を呼ぶだけで、甘酸っぱさで心が爆発する・推し活の予定が、今日と明日を違うものにしてくれる・自分の価値なんてわからなくても、今日も推しが生きている!アイドル・アーティスト・俳優・芸人・スポーツ選手・アニメキャラ……どんな推しも等しく尊い。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

サンマーク出版のおすすめ本

エンタメ・芸能のおすすめ本