コモンの「自治」論(集英社シリーズ・コモン)

コモンの「自治」論(集英社シリーズ・コモン)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【『人新世の「資本論」』、次なる実践へ! 斎藤幸平、渾身のプロジェクト】戦争、インフレ、気候危機。資本主義がもたらした環境危機や貧困格差で、「人新世」の複合危機が始まった。国々も人々も生存をかけて過剰に競争をし、そのせいでさらに分断が拡がっている。崖っぷちの資本主義と民主主義。この危機を乗り越えるには、破壊された「コモン」(共有財・公共財)を再生し、その管理に市民が参画していくなかで、「自治」の力を育てていくしかない。『人新世の「資本論」』の斎藤幸平をはじめ、時代を背負う気鋭の論客や実務家が集結。危機のさなかに、未来を拓く実践の書。【目次】はじめに――今、なぜ〈コモン〉の「自治」なのか?   斎藤幸平第一章 大学における「自治」の危機   白井 聡第二章 資本主義で「自治」は可能か?――店がともに生きる拠点になる   松村圭一郎第三章 〈コモン〉と〈ケア〉のミュニシパリズムへ   岸本聡子第四章 武器としての市民科学を   木村あや第五章 精神医療とその周辺から「自治」を考える   松本卓也第六章 食と農から始まる「自治」――権藤成卿自治論の批判の先に   藤原辰史第七章 「自治」の力を耕す、〈コモン〉の現場   斎藤幸平おわりに――どろくさく、面倒で、ややこしい「自治」のために   松本卓也

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

集英社のおすすめ本

自己啓発のおすすめ本