虎狼狩り 介錯人・父子斬日譚〈六〉

虎狼狩り 介錯人・父子斬日譚〈六〉

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

命をも奪う残忍な賊 その悪辣な野望、見過ごせぬ! 貧乏道場に持ち込まれた前金は百両。 呉服屋の無念を晴らすべく唐十郎らが奔走する! 野晒唐十郎の青春賦、白熱の第六弾! 深夜、呉服屋増田屋の手代は悲鳴も呻き声も上げること能わず、一瞬の太刀捌きで斬り捨てられた。賊は千両箱を担いで去った……。増田屋の主人に敵討ちを頼まれた狩谷桑兵衛と唐十郎父子は、賊の親玉が武士、しかもかなり腕が立つらしいと聞いて奮起する。なぜ虎狼のごとき賊は金を欲したのか、その悪逆非道な企みとは? 一刀流対居合、壮絶な応酬が始まった!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート