ラーニングデザイン・ハンドブック 仕事の流れの中で学びを設計する

ラーニングデザイン・ハンドブック 仕事の流れの中で学びを設計する

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「学び」は研修だけという時代は終わった仕事と学びを結び付け、パフォーマンスに直結した学習環境を構築することが求められる時代の新しいラーニングデザイン急速に変わっているビジネス環境下、L&D(ラーニング&デベロップメント;人材開発)に求められていることも当然違っているはずですが、日本においては、まだまだ、その変化に追いついてない現状があります。ラーニングテクノロジーも進んでいるものの、その導入が目的になったり、コロナ禍の影響から、今までの「集合研修」の代替えとしてのeラーニングの導入に留まったりしているのが現状かもしれません。しかし、世界中のビジネス環境が変わる中、今L&Dへ求められる役割も大きく変わろうとしています。その役割がどのように変わろうとしているのか、研修の在り方の変遷とそれにまつわる学習理論も解説した上で、今、そして今後に対応していくために、研修業者やHRMトレーナーインストラクターなども含むすべてのL&Dプロフェッショナルに求められるスキルや考え方、そして具体的なアクションを、すぐに活用できるツールと共に紹介している実践的な本です。★本書で紹介する【OK-LCD(Owens-Kadakia Learning Cluster Design Model)モデル】5つのアクション ・Changeチェンジ:実際の行動の変化と結果に焦点を当てる ・Learnラーン:学習者とその目的の違いを考慮してペルソナを作成する ・Upgradeアップグレード:既存の学習資産を最新化する ・Surroundサラウンド:意味のあるラーニングクラスターで学習者を包囲する ・Trackトラック:「学習の利用率」だけではなく、変化結果を戦略的に伝える【目次】第1章 過去と現在をマッピングして未来につなげる第2章 変化する世界に向けた新しいモデルの採用第3章 研修の場だけではなく職場も学びの場に変える第4章 ユニークな学習体験を創る第5章 スタートダッシュを決めよう!  既存の学習資産のアップグレード第6章 学習ニーズがある時に学習できるように学習者を取り囲む第7章 参加者数だけでなく、変化の結果を測定する第8章 まとめ OK-LCDの例第9章 モダンラーニングデザインの未来を描く付 録 L&Dアクションのための各種ツール

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日本能率協会マネジメントセンターのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本