偽聖女だと言われましたが、どうやら私が本物のようですよ? アンソロジーコミック: 2

偽聖女だと言われましたが、どうやら私が本物のようですよ? アンソロジーコミック: 2

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

聖女であって、聖人じゃないんですッ!「小説家になろう」掲載の短編小説のコミカライズを中心に収録したアンソロジー第2弾! 【収録作品】カバーイラスト:桜花舞 「聖女として国を守るためにせっせと加護を施していたら“婚約者の王子が結婚式を挙げている”との知らせが入ったのですが」漫画:冨月一乃 原作:水瀬月 最果ての地で無償で働いていたら、婚約者が結婚式を挙げていると聞いて――!? 「しがない旅芸者なのですが、どうやら私が聖女だったようです」漫画:鳥居ナキ 旅芸者の少女が、ある日突然、聖女選定の儀式に召喚され…!? 「双子聖女~妹が私の物ばかり欲しがります。ついには婚約者まで取られました~」漫画:はる山 原作:海空里和 婚約者も聖女の功績も妹に奪われる日々。諦めていた私を救ってくれたのは…? 「殺し屋は偽物聖女と逃げることにした」漫画:ゆずもと 原作:雨花まる 教会から追い出された無垢で無知な少女が出会ったのは、獣人の殺し屋でした――。 「万能薬のせいで聖女の私は不要になりました。……ごめんなさい、その万能薬を作ったのも私です。」漫画:うゆな 原作:CK 万能薬があるから聖女の私とは婚約破棄!? そんなの勝手すぎます!

商品情報

シリーズ

全2冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

一迅社のおすすめ本

女性マンガのおすすめ本