酔人・田辺茂一伝

酔人・田辺茂一伝

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

若き日の立川談志が「人生の師匠」と慕った紀伊國屋書店創業者・田辺茂一。戦後の新宿文化をつくり上げた実業家、そして「夜の市長」と呼ばれた粋人とのユニークな師弟関係を、芸人・文士らとの華やかな交友関係とともに振り返る。家元流の観察眼が光る昭和人物列伝であり、毒舌のうちに故人への哀惜がにじむ漫談風エッセイ。目 次短いプロローグ 現代、何故田辺茂一か第一章 人生の師第二章 芸人好き第三章 文人づき合い第四章 御大の艶話長めのエピローグ 最期の捨て台詞〈対談〉どっちかてえとイロゴトより落語 田辺茂一×立川談志田辺茂一・立川談志 略年譜〈解説〉ダジャレ社長 高田文夫

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

中央公論新社のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本