作家と家元

作家と家元

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

売れっ子の矜持と迷いが交差する吉行淳之介との対話。兄貴と慕った色川武大との至福に満ちたスリリングな芸談。盟友・石原慎太郎との思い出語りに、ふとこぼれる弱音まで。三十代から晩年まで、人生を駆け抜けた天才落語家が言葉を尽くして語り合った六人の作家たちとの対談、エッセイを収録する。文庫オリジナル。目次吉行淳之介対談 落語見る馬鹿聞かぬ馬鹿対談 大きくなったらリッパな人になります色川武大対談 一芸に賭ける芸人たち対談 まず自分が一人抜きん出ることだよ立川談志さん  阿佐田哲也『怪しい交遊録』解説  立川談志『色川武大 阿佐田哲也全集14』解題  立川談志色川武大  立川談志結城昌治結城昌治との想い出  立川談志景山民夫噺家は世上のアラで飯を喰い  景山民夫景山民夫  立川談志伊集院静対談 小説家はアブナい対談 カネが仇の世の中、か!?石原慎太郎対談 歳月を経て猶も定めず対談「平和の毒」にやられたまんま……このままじゃ死んでも死にきれねえ対談 自殺を考えたこともある……死を追うな、生き抜いて人生を全うしろさらば立川談志、心の友よ いつかまた、どこかで会えるんだろう  石原慎太郎立川談志 略年譜巻末インタビュー父・立川談志と作家たち 没後十年に寄せて  松岡慎太郎

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

中央公論新社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本