東京サラダボウル ー国際捜査事件簿ー(3)

東京サラダボウル ー国際捜査事件簿ー(3)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

東京都の外国人居住者の数、55万人。そこには55万の人生がある。犯罪に関わってしまった外国人による事件と向き合う、警視庁 国際捜査係の鴻田麻里と警察通訳人の有木野了。2年前、上麻布署で起きた不祥事が週刊誌に載った。それは当時、死人が出た事案で「有木野が情報を記者に漏らし、その責任をとるため彼は警察をやめた」という噂が回った。それ以来、有木野の周辺の警察官は警戒し彼から離れていった。徐々に明らかになっていく有木野の過去。噂を人づてに聞いた鴻田がとった行動とはーー。破天荒な女性警察官とゲイの警察通訳人の最強バディ2人が向き合う、家庭内暴力事件、盗難車部品密輸事件などを収録した第3巻!!

商品情報

シリーズ

全4冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

少女マンガのおすすめ本