源氏物語(二) 紅葉賀-明石

源氏物語(二) 紅葉賀-明石

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

朧月夜に似るものぞなき--政敵の娘との密会が発覚し,須磨・明石へと流れてゆく光源氏…….六条御息所の生き霊に命を奪われる葵上,新枕を交わす紫上など,優美な女君との恋愛模様が織りなされる紅葉賀から明石までの七帖.新日本古典文学大系版による精密な原文に,最新の成果を盛り込む注解と補訳. (全9冊)※この電子書籍は「固定レイアウト型」で作成されており,タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています.また,文字だけを拡大すること,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能は使用できません.

商品情報

シリーズ

全9冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

岩波書店のおすすめ本

古典文学・文学史・作家論のおすすめ本