神は俺たちの隣に

神は俺たちの隣に

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

クリス・ウィタカー絶賛!(『われら闇より天を見る』著者)「途方もなくユニークで、スタイリッシュで、腹黒くて、心に響く」イギリスが放つサスペンスの鬼才ウィル・カーヴァーがついに初登場。ロンドンの地下鉄でひとり自問を続けるテロリスト。私は神か? 俺は死んだのか? この電車を爆破するのか?挑発的な筆致で描かれる奇想天外サスペンス!ロンドン地下鉄サークル線で来る日も来る日も爆破のタイミングを待つ自爆テロリスト(?)は、自問への答えを待ちつづけていた。私は神か? 俺は死んだのか? この電車を爆破するのか? そこに乗り合わせるのは5人の男女。人生に幻滅していた看護師、健脚を失ったアスリート、脚本家志望の男、自殺を試みた老人、脳腫瘍の疑いを抱えた多重人格者……別々の人生が一つの車両で交錯したとき、運命は彼らになにをもたらすのか?この結末、予測不能。犯罪小説界でも最高に抗しがたい独創的な魅力を持つ一人――アレックス・ノース(『囁き男』)今年出版されたなかでもっとも斬新な犯罪小説――インディペンデント紙

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

扶桑社のおすすめ本

海外文学のおすすめ本

カート