東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝26 レイジー・アフタヌーン(3)

東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝26 レイジー・アフタヌーン(3)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

ずきん、と透の胸に、甘い痛みが——恋愛の深みにはまった者だけにしかわからない、甘い、心臓を直撃される痛みが走る—— 矢代俊一グループが初めての全米ツアーに出発した。これから一ヶ月半あまりを、俊一なしで過ごすことを思うと透は憂鬱になる。 一人きりのマンションで、良との短い逃避行や未来への不安、自死した島津のことなどで想いは千々に乱れるが、結局は俊一への恋心へと戻っていき、たまらないほどに胸が疼きだすのだった。 そんなある日、透は行きつけの店へ向かい、銀河と飲みながら話すうちに、俊一への恋に溺れた、ばかな男としての不思議なシンパシーを感じる。 やがて誘われるまま、銀河の家へついて行った透は、意外なものを見せられ……。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

秋水社ORIGINALのおすすめ本

BL小説のおすすめ本

カート