THE TALE OF GENJI AND KYOTO 日本語と英語で知る、めぐる紫式部の京都ガイド

THE TALE OF GENJI AND KYOTO 日本語と英語で知る、めぐる紫式部の京都ガイド

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【内容紹介】『源氏物語』の世界を英語でご紹介!NHK大河ドラマ「光る君へ」ゆかりの地巡りのお供に訪日外国人向けガイドの参考書として旅行、留学、出張先で日本の文化や歴史を説明したいそんな時、本書がお役に立つと思います。海外の友人・知人を京都に案内した際、日本の文化や歴史について訊かれて答えに窮した。そんな経験はありませんか?2024年のインバウンド(訪日外国人)は、過去最高だった新型コロナウイルス禍前の19年を上回り、今後も増え続けると期待されています。仕事を通じて、あるいはプライベートで、英語で外国人を案内したり、日本の文化や歴史を紹介する機会は、今後ますます増えてくることでしょう。昔、歴史の授業で習ったけれど、英語だとうまく説明できない。適切な英単語や表現が思いつかない。そんなとき、「日英バイリンガルの京都ガイドブック」である本書がお役に立つと思います。『源氏物語/The Tale of Genji』を通して京都を知る。それが本書のねらいです。海外でも人気が高い『源氏物語/The Tale of Genji』は、1000年以上にわたって読み継がれてきた不朽の名作です。日本や京都の魅力を世界に伝える貴重な役割も果たしているのです。ご存じのように、『源氏物語』の舞台は平安時代の京都です。そして京都には、『源氏物語』に描かれた神社やモデルとなった場所が、往時の面影を残したまま現存する。海外の人には、そのこと自体が驚きではないでしょうか。2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」では『源氏物語』の作者、紫式部の生涯が描かれます。ドラマをきっかけに、舞台である平安時代の京都にも関心が集まることでしょう。みなさんも本書を手に京都を訪れて、紫式部も見たであろう景色に出会ってください。そして願わくば、その感動を海外の友人・知人と共有してほしいと思います。京都観光や英語学習のお供など、さまざまに活用していただければ幸いです。【著者紹介】[著]SUMIKO KAJIYAMA(スミコ・カジヤマ)ノンフィクション作家、放送作家、評論家テレビ局制作局勤務を経て渡米し、ニューヨーク大学大学院で修士号取得。ニューヨークで新聞記者として働いたのちに独立。コンテンツ・ビジネスや音楽、カルチャー、ソーシャルビジネス、SDGsを中心に、幅広いジャンルで文筆活動を続ける。テレビやラジオ番組の企画・構成や、コメンテーターとしても活動。大阪経済大学経済学部・客員教授。英文書籍『Cool Japan: A Guide to Tokyo, Kyoto, Tohoku and Japanese Culture Past and Present』(Museyon, NY)のほか、(日本語)著書多数。現在は京都在住。【目次抜粋】・源氏物語とは──1000年読み継がれる名作・作者・紫式部について──『源氏物語』が生まれた背景・主人公・光源氏について・物語のあらすじ・現代語訳、外国語訳、マンガ版・繰り返し映像化、舞台化される『源氏物語』・源氏物語と京都御所・平安神宮と葵祭・源氏物語「宇治十帖」と宇治・紫式部と『源氏物語』ゆかりの地と見どころ・宇治茶について・賀茂社参拝のお楽しみ 門前の名物・平安装束を知る、感じる・京都──時間旅行ができる都市

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

プレジデント社のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本