不登校体験の本質と予防・対応 学校に行けない「からだ」

不登校体験の本質と予防・対応 学校に行けない「からだ」

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

不登校の子どもの「からだ」に着目すると,有効な策が見えてくる!1.不登校体験の本質は「からだ」(主観的な身体感覚)の変容です。からだの感覚が変わり,これまでの自分ではいられなくなる「わけのわからない体験」です。2.「行けない理由を教えて」「明日は行くよね」などの「言葉」は空回りします。3.気持ちはそのまま受け止め,からだの変容を止める「行動活性化」を試みましょう。4.連続欠席3日間以内が最初の勝負です!5.完全不登校を防ぐために「プチ不登校」や「別室登校」も積極的に活用しましょう。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

図書文化社のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本