残酷すぎる幸せとお金の経済学

残酷すぎる幸せとお金の経済学

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【内容紹介】夫婦関係、子育て、兄弟ガチャ、離婚、出世、学歴、お金…現代人の“幸せ”を経済学でひも解いたら、浮かび上がってきたのは驚きの事実だった!最新のエビデンスで“幸せの正体”を科学する!!幸せな人と不幸な人は、何がちがうのか?「幸せ」は人によっても感じ方が違う主観的、抽象的な概念なので、かつては哲学や倫理学、心理学の研究対象でした。しかし、近年は新たな分析手法が次々に開発されて、経済学の観点から新たな研究結果がこの30年間に次々と発表されています。しかし、研究でわかった“幸せの正体”は、直視しがたいショッキングなものでした。・子なし女性より子持ち女性のほうが幸福度は低い・専業主婦より妻が管理職の夫のほうが幸福度が低い・夫は妻より幸せになれない・人生の「幸せのどん底」は48.3歳でやって来る・経済成長すると子どもの幸福度は大幅に下がる本書では、結婚や育児、きょうだい構成、出世、学歴といったライフステージごとに幸福度はどう変わるのかを、「幸福の経済学」のアプローチからデータ分析。気鋭の経済学者が、現代人の「幸せの正体」を最新エビデンスからひも解く1冊です。【著者紹介】[著]佐藤 一磨(さとう・かずま)拓殖大学政経学部教授。1982年生まれ。慶応義塾大学商学部卒業、同大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(商学)。外資系経営コンサルティング会社、明海大学を経て、2016年から拓殖大学政経学部准教授に就任し、2023年から教授。専門は労働経済学・家族の経済学・幸福の経済学。既婚、一児の父。【目次抜粋】はじめに序章 「幸せ」の測り方第1章  幸せはお金で買えるのか──お金と幸せの経済学・幸せは1000万円で頭打ち・経済成長しても幸福度は上がらない・経済成長すると子どもの幸福度は低下する第2章  出世すると幸せになれるのか──仕事と幸せの経済学・健康な人ほど昇進するがメンタルを病む・管理職に昇進しても幸福度は上がらない・妻が管理職だと夫の幸福度は低い第3章  結婚したら幸せになれるのか──結婚と幸せの経済学・独身男性の幸福度が最も低いワケ・「妻が高学歴」だと世帯年収が低い・自分より若い相手と結婚したほうが幸せ第4章 「子どもがいる女性ほど幸福度が低い」のはなぜか──子育てと幸せの経済学・子どものいる女性のほうが生活満足度が低い・子どものいる高齢者は生活満足度が低い・欧州でも「孫育て」でメンタルヘルスが悪化第5章  離婚したら不幸せになるのか──離婚と幸せの経済学・熟年離婚の男女間格差・夫は妻より幸せになれない・経済学でわかる「離婚しないタイプ」とは第6章 「家族ガチャ」で人生は変わるのか――きょうだい構成と幸せの経済学・弟がいる長女vs妹がいる長女・なぜブラザーペナルティが生じるのか?・弟がいる長女の年収は16%低い第7章 なぜ日本の男性は幸福度が低いのか――男と女と幸せの経済学・環境は改善しても幸福度が下がる“パラドックス”・日本では男性の幸福度が低下している・幸福度が低いのは高齢未婚&子育て期の男性第8章 「幸せのどん底」は何歳でやって来るのか――年齢と幸せの経済学・人生の中で幸福度が最低なのは48.3歳・未婚の子との同居は高齢親の幸福度を下げる・独居高齢の幸福度は、男性は低いが女性は高い終章 経済学が導き出す「幸せの条件」とはおわりに

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

プレジデント社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本