転換期を生きるきみたちへ

転換期を生きるきみたちへ

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

世の中の枠組みが大きく変化し、既存の考え方が通用しない歴史の転換期に、中高生に向けて「これだけは伝えておきたい」という知見を集めたアンソロジー。言葉の力について、憲法について、愛国心について、科学的態度について、弱さや不便さに基づいた生き方について……。若者たちがこれからの時代を生き延びるための知恵と技術がつまった、未来へ向けた11のメッセージ。タイトルにある「転換期」というのは、世の中の枠組みが大きく変化する時代のことです。(…)大人たちの大半が今何が起きているのかを実は理解できていない状況のことです。だから、大人たちが「こうしなさい」「こうすれば大丈夫」と言うことについても、とりあえず全部疑ってかかる必要がある。今は「マジョリティについて行けばとりあえず安心」という時代ではないからです。(「はじめに」より)【目次】身体に訊く──言葉を伝えるとはどういうことか 内田樹僕の夢――中高生のための「戦後入門」 加藤典洋表と裏と表――政治のことばについて考えてみる 高橋源一郎人口減少社会について根源的に考えてみる 平川克美13歳のハードワーク 小田嶋隆空気ではなく言葉を読み、書き残すことについて 岡田憲治科学者の考え方――生命科学からの私見 仲野徹消費社会とは何か――「お買い物」の論理を超えて 白井聡「国を愛する」ってなんだろう? 山崎雅弘「中年の危機」にある国で生き延びるために 想田和弘社会に力がついたと言えるとき 鷲田清一

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート