精神科医がやっている聞き方・話し方

精神科医がやっている聞き方・話し方

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

■「会話が苦手」を卒業する!人気ユーチューバーの精神科医がズバリ教える!仕事と人生でトクするコミュニケーションの技術精神科には、病気の影響や過去の辛い経験から被害的になりやすい人、家族とすらまともにコミュニケーションを取れない人がやって来ます。そんな人たちの心を開き、互いの心を通わせ、信頼され、治療を受け入れてもらうために、精神科医はさまざまな会話の技術を駆使しています。□会話のストーリー展開とゴールをあらかじめ決めておく□聴くのが中心、相手を会話の主役にする□相手の脳の処理速度やワーキングメモリのサイズに合わせる□相手の話を再構築(リモデリング)しながら話す□ネガティブな言葉はポジティブに変換して返すなど■この中で最も重要なのが「聴くのが中心、相手を会話の主役にする」です。ただし、相手がしゃべりっぱなしだと、相手も疲れてしまいますし、会話も停滞してしまいます。ですから、適時、会話を進めるために話をふってあげる必要があります。ポイントは次の6つです①ストーリーを展開させるときに話す②相手の「間違った認識を正す」ときに伝える③相手が「インプットできていない情報」を伝える④相手が「ストーリーに乗れていない」ときに話す⑤相手に「会話疲れ」を起こさせないために話す⑥「焦点を当てる」ために伝える本書では、この「精神科医の会話術」を具体的な会話例とともに詳しく解説しています。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

フォレスト出版のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本