恐慌化する世界で日本が一人勝ちする

恐慌化する世界で日本が一人勝ちする

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

■世界情勢はこれから混沌を迎える。新大統領トランプの誕生で孤立主義へ向かう米国、イギリスのEU離脱で離脱派が台頭する欧州、大手百貨店が軒並み閉店する中国、サウジ王室が崩壊の危機に瀕する中東……。そして、リーマンショック以降、出口戦略を終えていない世界は、これまで日本が経験した「失われた20年」を迎えることとなる。銀行の大再編、長期デフレ、高齢化社会を経験してきた日本が、今後、あらゆる分野で世界をリードしていく状況は整っている。これをさらに後押しするのが、日本の長期政権である。■2020年までに日経平均3万円時代へ!日本がすでに出口戦略を終え、新たなステージへ向かうなか、世界の恐慌を乗り越えて2020年には日経平均3万円時代に突入する。これは単なる絵空事ではない。安倍外交のイニシアティブに加え、アベノミクスが掲げる成長戦略が動き出すからだ。その主要な要因となるは、日本国内に眠っている400兆の金が動き出すかどうか。現在、日本では企業の内部留保360兆円、いわゆるタンス預金40兆円が、流動しない金として眠っている。この一部でも動き出せば、日本経済は飛躍の一途をたどる。マイナス金利政策も400兆円を動かす施策の1つである。高齢化社会の克服、長期資金でのインフラ需要、日本海に眠るメタンハイドレードと金、ロボット・人工知能やバイオテクノロジーなど、未来を変えるステージにいち早く漕ぎ出すのは、日本しかないのだ。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

フォレスト出版のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本