臨界点

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

東京湾晴海埠頭の沖合でジャーナリスト中川一邦の死体が発見された。彼は元警察官で、警視庁に対する告発記事を書いたことがある。司法解剖での所見は殺人を示唆していたが、なぜか自殺と置き換わって捜査本部はわずか3日で解散。中川の元同僚であり警視庁捜査一課の楠木宗一郎警部補は、一連の経過に不審を抱き、月島東署刑事・菊山エリカ、大都新聞社社会部記者・新城康之らとともに、独自に事件を調査するが、すぐさま上層部から圧力がかかる。一体、警察組織は何を隠蔽しようとしているのか……。 警察不祥事を題材にして、徹底的にリアルに描かれた長篇ミステリ。●黒木昭雄(くろき・あきお)1957年、東京都生まれ。親の代から警察官で、1976年から1999年までの23年間、警視庁に勤める。在籍中は23回もの警視総監賞を受賞した。退職後は捜査するジャーナリストとして、警察内部の様々な問題や世間を騒がせた事件などを独自の視点で取材。著書に『警察腐敗 警視庁警察官の告発』(講談社)、『神様でも間違う』(インシデンツ)など多数。

作品をシェアする

同じ作者の本

アドレナライズのおすすめ本

ミステリー・サスペンスのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください