1冊でわかる!角換わり早繰り銀の基本

1冊でわかる!角換わり早繰り銀の基本

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。攻め方は簡単で、攻撃力が高くて、攻めも失敗しにくい。そんな戦法を求めているあなたへ角換わりにおいて、棒銀と並んで有力な作戦が早繰り銀です。飛車と銀で攻めるところは棒銀と変わりませんが、銀を中央で使う早繰り銀は、棒銀よりも攻め方が豊富なのです。本書では、まず早繰り銀の基本的な狙いと成功例を紹介し、次に早繰り銀対策の主な形を挙げました。本書をしっかり読み込めば、早繰り銀戦法の勘所が身に付くこと間違いありません。早繰り銀戦法の魅力を感じていただければと思います。「角換わりを指してみたいけど、難しいって聞くしなぁ」「棒銀はおぼえた。でも銀が使いにくい」攻め方は簡単で、攻撃力が高くて、攻めも失敗しにくい。そんな戦法を求めている方へ。ずばり、早繰り銀を指しましょう!飛車と銀で攻めるのは棒銀と変わりません。しかし、早繰り銀は銀を中央で使うため、棒銀よりも攻撃の幅が広いのです。銀が取り残される心配はなし!早繰り銀は、プロ間でも50年以上前から指されている本格的な戦法です。それだけ定跡も整備されていますが、近年見直しが急激に進み、新手が続々と生まれています。本書では、まず序章で早繰り銀の基本的な狙いと成功例を紹介し、次に早繰り銀対策の主な形を挙げました。本編では、古くからある定跡から最新の変化まで、幅広く網羅しています。巻末には次の一手問題も用意しました。これで総仕上げです。この1冊で早繰り銀の世界を楽しみましょう。序章 角換わり早繰り銀の駒組み第1章 相早繰り銀第2章 早繰り銀対腰掛け銀第3章 最新の▲7八金省略型第4章 棒銀対策第5章 序盤の▲1六歩第6章 後手の早繰り銀第7章 次の一手真田圭一(さなだ・けいいち)1972年10月6日生まれ。千葉県八千代市出身。1985年、6級で奨励会入会。(故)松田茂役九段門下。1992年4月、四段。2016年10月、八段。矢倉や角換わりを得意とする居飛車党の本格派。1994年3月、第52期順位戦でC級1組に昇級。1997年、第10期竜王戦挑戦者決定戦三番勝負で屋敷伸之棋聖(当時)を2勝1敗で破ってタイトル戦初出場。七番勝負は谷川浩司竜王に敗れるも、その活躍によって第25回将棋大賞の新人賞を獲得した。主な著書は『1手ずつ解説する角換わり棒銀』、『矢倉の新常識』、『わかる!勝てる!! 急戦矢倉』、『激変する現代矢倉』、『角換わりの手筋』、『現代将棋の基本手筋』(いずれもマイナビ出版)など多数。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

マイナビ出版のおすすめ本

趣味のおすすめ本