おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~(1)

おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~(1)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

速見誠一郎29歳、独身。趣味は食べ歩きと、一日一冊の読書。一人の時間をこよなく愛する誠一郎は、ある日突然、偶然にも魔界の悪魔を召喚してしまう。リリスと名乗る悪魔娘に「願いを一つ叶えてやる」と言われた誠一郎の願いは、ご飯を一緒に食べること。平日昼間のとんかつ定食、昼食時の鶏豚白湯らーめん、店が閉まった時間にのコンビニ飯etc…。日常の食事も、二人ならどんなごちそうよりも自由な時間。小説家になろう発、食べ歩きグルメファンタジー!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート