暗号資産をやさしく教えてくれる本

暗号資産をやさしく教えてくれる本

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

これからの時代、豊かな暮らしには「投資」は必須です。これから「投資」を始める人にとって、本当に必要な知識をまとめた1冊!暗号資産(仮想通貨)の基本をすべて解説しています。・仕組みはどうなっているの?・危なくないの??・どうやって買えばいいの??・現金とは何が違って、何がいいの????なかなか聞けない「暗号資産」について確認し、賢いマネーライフを送りましょう。■目次●0 知っておきたい「お金」のこと・お金に必要な3 つの機能・お金の発行と流通の仕組み・お金は「もらう」ものから「増やす」ものへほか●1 新しいお金としての暗号資産・暗号資産が生まれた背景・暗号資産が持つ4つのリスク・暗号資産で広がるデジタル経済圏ほか●2 暗号資産の運用の仕組みを学ぼう・暗号資産のウォレットは銀行口座の仕組みと同じ・取引所のリスク対策① コールドウォレットで資産を管理する・個人でできるリスク管理ほか●3 暗号資産にかかる税金について知っておこう01 暗号資産は「雑所得」として税金が発生する02 暗号資産で支払いをした売買でも税金が発生する03 利益(取得価額)を計算しようほか●4 世の中の動きと連動して暗号資産の価格は変動する・暗号資産の値動きの特徴・ビットコインは金融危機に強い・世界的大企業の参入を市場は歓迎しているほか●5 暗号資産投資のこれからを学ぼう・政府が発行を検討している「CBDC」・ゲームして稼ぐことができる「GameFi」・メタバースと暗号資産には密接な関係があるほか●コラム・ブロックチェーンとは?・ビザンチン将軍問題とは?・スケーラビリティ問題とは?・マイニングとステーキング・エアドロップとは?・ビットコイン相場の歴史・イーサリアムの開発計画と技術改善・具体的なNFTの活用事例※ 本書には解説の都合上、特定の暗号資産銘柄や暗号資産交換業者名などを記載していますが、あくまでも例として取り上げたもので、その暗号資産の売買や口座開設等を推奨するものではありません。■著者 松嶋真倫(まつしま・まさみち)マネックス証券 マネックス・ユニバーシティ 暗号資産アナリスト大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に暗号資産関連スタートアップの立ち上げメンバーとして業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」や「Blockchain Data Book 2020」などを執筆し、現在はweb3ニュースレターや調査レポート「MCB RESEARCH」などを統括。国内メディアへの寄稿も多数。2021年3月より現職。 本書が初の著書。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

あさ出版のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本