商業施設士が見た東日本大震災 ―現場から、未来へ

商業施設士が見た東日本大震災 ―現場から、未来へ

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

大地震は必ず起きる。今、備えよ。宮城県で3.11を体験し、商業施設士として今日まで復興活動を続けてきた著者が語る実態と教訓。災害大国の日本で私たちはいかに生きるべきかを説く、渾身のルポルタージュ。2011年3月11日、未曽有の大災害として日本を襲った東日本大震災。スーパーやコンビニなどたくさんの商業施設が被害に遭う中、著者は、震災翌日から被災地に足を運んだ。そこで実際に目にした光景、耳にした声、感じた空気。そのすべてを余すことなく記録するとともに、またいつか来る災害にそなえて「今」できることを提案する。著者の切実な想いを込めた一冊。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本